No,201Mountain Climbing⛰ 【北アルプス縦走3日目 常念岳ピークハントからの三又へ下山🏔 急遽パーティ形成!?】

 

深夜のスターハントに失敗し

 

 

朝は寝坊し

 

 

朝日は見れず・・・🌞

 

 

6時に起床⌛️

 

 

ちょっと遅くなってしまい焦る😅(笑

 

 

 

しかし

 

 

マイペースなわたし

 

 

朝ごはん(´∀`)

 

 

 

*このご飯とカレー・ハヤシライスの組み合わせにハマる

 

 

 

雨が降って光のカーテンが張っている

 

 

安曇野市を

 

「これから降りるところかぁ〜」と思いながら

 

眺めつつ

 

 

 

ハヤシライスをいただきま〜っす♫

 

 

 

 

7時には出ようと思ったけど

 

 

テント片付け終えて

 

 

 

常念岳へ向かったのが7時10分くらいだったかなぁ

 

 

 

遅くなっちまったぜ( ・∇・)

 

 

 

まぁ俺らしくていいか(笑

 

 

 

そうそう

 

三又から降りる方は

 

 

常念小屋でタクシーを手配しておくように

 

 

とのこと

 

 

 

例に漏れず14:30にタクシーを手配しました〜

 

 

 

 

 

 

常念岳は雰囲気が

 

 

なんとなく羊蹄山に似ている

 

 

気がする(*⁰▿⁰*)

 

【常念岳】
常念岳は日本百名山の一つで、北アルプス南部、常念山脈にある標高2,857mのピラミッド型が特徴的な山です。
山体は長野県の松本市と安曇野市にまたがっています。
また、森林限界を越える高山帯は、ライチョウの生息地となっており、珍しい高山蝶も生息しています。
とのこと(サボり。ヤマハックより引用)
<参考HP>
ヤマハック

 

1時間10分

 

 

 

 

登ってピークハント成功!

 

 

こんなゴツゴツした山頂

 

 

初めてだぜ

 

 

まじ硬派やな

 

 

 

おばちゃん

 

 

めっちゃ怯えて

 

 

めっちゃ不機嫌で

 

 

連れの男性に怒ってるでー(笑

 

 

 

基本的にはガスって

 

 

 

霧雨も降ってたんだけど

 

 

 

一瞬晴れたら

 

 

 

 

素晴らしい景色が!!

 

 

 

これが晴れてたら

 

 

360°

 

 

すごい景色なんだろーな(´∀`)

 

 

 

ということで

 

 

ここから下山!

 

 

三又への分岐点で

 

 

 

きたー!

 

 

 

ライチョウ!!

 

 

 

 

 

この時期はみんな子連れなんだね〜♫

 

 

かわゆす

 

 

 

 

なんで彼等は高山という厳しい環境の中

 

 

あんなに

 

 

ずんぐりむっくりしてるんだろうか(笑

 

 

ほかの生物に比べて

 

 

どう見てもふくよか

 

 

見方によっては

 

 

 

めっちゃうまそうだよね(爆

 

 

お猿さんが食べちゃうのもわかるかも(笑

 

 

 

 

 

 

という冗談はさておき

 

 

 

しっかりと撮影させていただいて

 

 

9:00

 

 

 

三又下山道に!

 

 

 

 

三又はロングコースなので

 

 

登山客は少なめ!

 

 

常念岳から全常念岳への稜線は素晴らしいね

 

 

 

くだってるから楽だし

 

 

 

いい感じや✨(≧∀≦)

 

 

ここでもライチョウにあったけど

 

 

 

ヒナが一匹だけだったなぁ〜🙄

 

 

 

はぐれてないかな?

 

 

ちょっと心配(笑

 

 

 

 

 

前常念岳で

 

 

ソロ登山されている方と遭遇♫

 

 

蝶ヶ岳から一泊二日できたそう

 

 

いろいろお話しして

 

 

「三又からタクシーなんです」

 

 

っていった

 

 

「僕の車ですけど、乗ってきます?」

 

 

って

 

 

「いいんすか!?」✨

 

 

 

いいよー

でも、歩くの遅いからなぁ

コースタイムくらいになっちゃうかも

 

 

いえいえ

 

私コースタイムどころか

 

 

むしろ下回ってますから(笑

と内心(・∇・)

 

 

 

ということで

 

 

無理のない範囲で

 

 

ご一緒させていただくことに♫(*´∇`*)

 

 

パーティ結成!!

 

 

*前常念岳にて撮影!カメラ半端ない📷(笑

 

 

三又は

 

 

めっちゃ道中過酷(´Д` )

 

 

岩場ゴツゴツ続くし

 

 

 

かなり急勾配

 

 

挙げ句の果てに

 

 

途中

 

 

しっかり雨に降られました〜

 

 

樹林帯に入った後は

 

 

雨でぐちゃぐちゃで滑る滑る

 

 

しかも

 

 

休憩スペースがほとんどない!

 

 

 

 

 

 

たとえば!!

 

 

燕岳の中房温泉から入るコース

 

 

30分に一度くらいベンチがあって休憩取れるし

 

 

合戦小屋ではスイカまで食べられる🍉

 

 

 

 

 

しかし!!

 

 

三又コース

 

 

全くない!!

 

 

5時間半のルートで

 

 

あるのが

 

 

一箇所!!

 

 

それも

 

 

丸太を2本切ってあるベンチのみ

 

 

 

水場もなし!

 

 

 

これはきついわ〜

 

 

登りは絶対避けたいコース

 

 

 

おもいました〜(笑

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

結局最後までご一緒させていただき

 

 

 

というか

 

 

 

自分一人だったら

 

 

もっと遅かっただろうなぁ〜(汗

 

 

 

コースタイムより

 

 

10分くらい早く下山完了(*⁰▿⁰*)

 

 

 

土砂崩れがあって

 

 

 

駐車場が800m遠くなったんだけど

 

 

 

この800m辛いね(笑

 

 

 

下山して一緒にパシャり♫

 

 

 

 

 

結局その後

 

 

 

一緒にしゃくなげの湯に入って

 

 

【しゃくなげの湯】
登山口と穂高駅のちょうど中間にある温泉
三又登山口から車で15分
穂高駅まで車で10分という素晴らしい立地✨
泉質も優しいアルカリ性でなかなかいい感じ♫
<参考HP>
オフィシャルHP

 

穂高駅まで送ってもらっちゃうという

 

 

 

甘えっぷり(笑

 

 

 

にしやんさん!!

 

 

 

ほんとに

 

 

ありがとうございましたー!m(_ _)m

 

 

 

感謝感謝です✨

 

 

また機会があったら山登りましょう!♫

 

 

 

そして

 

 

 

ビールを買って
→駅前にある羊カフェでビール売ってます♫

 

 

無事バスにも乗れて

 

 

1時間50分も到着遅れたけど

 

 

 

 

無事帰宅!

 

 

最後に

 

 

ビールとラーメンで乾杯

 

 

 

 

ソロ登山だと

 

 

いろいろな人に出会えるし

 

 

じぶんの気ままにできるし

 

それが最大の魅力だな♫

 

 

ちょっと寂しいけどね😵

 

 

 

たまにはいいかも♫

 

 

さて

 

次は

 

 

槍か黒部か、妙高か(´∀`)

 

 

 

↓ポチっとクリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

 

<information>

ヤマレコ記録

4 thoughts on “No,201Mountain Climbing⛰ 【北アルプス縦走3日目 常念岳ピークハントからの三又へ下山🏔 急遽パーティ形成!?】

  1. けんたさん

    その節は大変お世話になりました(^^)
    縦走中は3日間いろいろなドラマがあったんですね〜、素晴らしいです!
    最終日ご一緒出来て良かったです、オマケにブログにまで登場させて頂いて有名人になったらどうしよう((((;゚Д゚)))))))
    またどこかの山に行く機会があれば良いですね♪

    1. にしやんさん

      コメントありがとうございます!!

      設定によりコメントが反映されてなかったようです。。。すみません

      おかげさまで楽しい登山&いい思い出ができましたまた機会があったら登りましょう

      ブログも有名になればいいのですが、なかなかです

  2. けんたさん

    その節は本当にお世話になりました(^^)
    ご一緒できたので一人で下山するよりも快適に降りることができました♪
    3日間色々なドラマがあったんですね〜
    いつかまた一緒に山に行きましょう✌️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA