No,200㊗️ Mountain Climbing⛰ 【北アルプス縦走2日目 燕岳→大天井岳経由、常念小屋へ 人生初の縦走】

 

記念すべき200回目の記事㊗️

 

 

 

それにふさわしい記事になりそうなよ・か・ん❤️

 

 

 

よくもまぁ〜(*'▽'*)

 

 

こんなに読者の少ないブログ

 

 

がんばって続けているもんですな(爆

(*⁰▿⁰*)・・・。

 

 

 

愛読してくれている方

 

 

 

サンキュ〜ベイベー❤️(笑
→山帰りでややハイテンションです

 

 

これからもコツコツ書いていきたいと思いますので

 

どうぞよろしくお願いしますm(._.)m

 

 

 

では

 

 

記念すべき200回目の記事です!

 

 

 

 

 

どーぞ!!╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

 

5時頃に起床☀️

→アバウト

 

 

50人という大団体で来ていた学生さん

 

 

 

3時くらいからうるさいねんo(`ω´)o

 

 

「おーい。うんこ出たー!」

って報告しあってるの

うるさいねん(΄◉◞౪◟◉`)笑

 

 

まぁ、学生ってそういうもんか(笑

 

 

 

賑やかでちょっと羨ましいな( ・∇・)
→うらやましいんか〜ぃΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

 

 

 

*朝日に照らされる燕山荘

 

 

朝日を見たら

 

 

 

片付けをして出発!!

 

 

*はぁ〜ぃ気をつけていってきまーす♫

 

 

 

人生初めての縦走や

 

 

 

前回来た時は

 

 

 

この看板の先はどこに繋がってるんだろう

 

 

 

とかおもってたなぁ〜
→たぶん

 

 

 

いざしゅっぱ〜つ٩( ‘ω’)و

 

 

 

朝一番に

 

 

父と息子の2人できたという方にあって

 

 

 

行動食どうぞってカロリーメイトもらった〜(≧∀≦)

 

 

 

ありがとうございます♫

 

 

 

自分と同じくらいの歳の息子さん

 

 

 

お盆の帰省を利用して父と登りに来たそうな

 

 

 

仲の良さそうな親子で

 

 

 

朝からハッピーな気分になった!

 

 

 

 

よし!!

 

 

 

表銀座の稜線

 

 

 

 

 

 

峰歩くの初めてだけど

 

 

 

ずっと素晴らしい景色を眺めながら歩くの

 

 

いいね✨

 

 

 

1時間ほど歩いたところで

 

 

朝食♫

 

 

朝もパスタ!

 

 

ウニソースパスタに

 

 

余ってたゆかりおにぎりをぶち込む

 

 

 

だがこれ失敗

 

 

まずかったorz 

 

 

というか

 

 

無印でパスタ買ったんだけど

 

 

なんか粉っぽい感じがして

 

 

ちょっとイマイチかも(´Д` )

 

 

山でのご飯は

 

 

動くためのエネルギー!!

 

 

故に美味しいものを食べたい!

 

 

ヤマ飯は今後の研究対象だな٩( ‘ω’)و

 

 

 

食べ終わったら

 

 

再び歩く

 

 

途中

 

 

 

鳥を撮影したり

 

 

 

 

 

風景を撮影したり

 

 

ゆったりまったりと進む

 

 

 

ライチョウは出現せず・・・。(´Д` )

 

 

ライチョウでなかったら

 

 

重いレンズ持ってきた意味・・・。orz

 

 

 

と、出ないんじゃないかという恐怖と戦っておりました

 

 

 

大天井に近づき

 

 

ヒュッテ方面に行くか

 

 

 

直接大天荘に行くか
→山荘は“だいてんそう”

山は“おてんしょう”と読むことに注意

 

 

 

大天井ヒュッテを経由するか
→これは“おてんしょう”と読む

ややこしいねん∑(゚Д゚)

 

 

 

悩む・・・。

 

 

 

この時

 

 

大天井ヒュッテの展望台が

 

 

 

大天井岳の山頂と勘違いしたまま気づかず

 

 

 

せっかくきたしピークハントと思い

 

 

遠回りすることに( ・∇・)

 

 

 

 

真っ直ぐ行くと40分のところ

 

 

45+40+展望台往復(およそ30)

 

 

ということで

 

 

結局1時間半以上時間⏰をつかったよ(笑

 

 

でもでも

 

 

大天井ヒュッテは穴場かも!

 

 

ほとんど人がいなくて静か

 

 

みんな大天荘にいくからだよね

 

 

しかも

 

 

山頂と勘違いしていた展望台

 

 

360度大パノラマ
→地図にもこう書いてあった

 

 

素晴らしい眺望だった!

 

【大天井ヒュッテ&展望台】
大天井岳から槍ヶ岳へ続くルート上にあるヒュッテ
燕から大天荘に行く人は通らないからすごい空いてる!
これはめっちゃ穴場やでー( ・∇・)
ヒュッテの目の前にある展望台は傾斜はきついけど
めっちゃ眺めはいいっす
<参考HP>
オフィシャルHP

 

 

 

 

 

これ夜星見にきたら

 

 

めちゃ綺麗そうだな( ・∇・)

 

 

だいぶ遠回りしたけど

 

 

来た甲斐はあったね♫

 

 

そうこうして

 

 

 

頑張って大天荘に!

 

【大天荘(ダイテンソウ)】
大天井岳にある山小屋
燕岳と常念岳の中間地点
槍も含めれば三つの山の中間地点かな?( ´∀`)
直接登ってくることができないと思うので
なんとなくいい感じ(笑
ここにもいっぱくしたかったなぁ〜
下界から遠いから光害受けず星の撮影ができそう!
<参考HP>
公式HP

 

 

ここで昼食♫

 

 

と思ったら

 

 

ちょうど隣のテーブルに座ったご夫婦が

 

 

 

カレー食べてるじゃないの

 

 

美味しそうじゃないの〜

 

 

 

ということで

 

 

 

急遽カレーランチをたべることに
→メニュー表にはインディアンランチとなっておりました

 

 

 

じゃーん♫

 

 

 

キーマカレーを注文

 

 

嬉しいのは

 

 

ご飯とナンの両方がのってることな!

 

 

 

そして味は

 

 

きつすぎず嫌味のない程よい酸味

 

 

からすぎない香辛料

 

 

めっちゃうまいやん✨(*´∇`*)

 

 

チャイティもついてます♫

 

 

いいランチやないかぁー

 

 

ごちそうさま♫

 

 

ご夫婦のお父さんはカメラに詳しくて

 

 

パッと見ただけでレンズあてた!

 

 

「キャノン70−100mm f2.8?のⅡかな?」

 

 

ってその通りです〜

 

 

 

「よくそんな重いレンズ持って来たね〜」

 

 

って、

 

 

そのとおりです〜(笑

 

 

お二人は常念岳→大天井岳→燕岳の

 

 

自分とは逆方向にテン泊で向かっているそう

 

 

自分は2泊3日でだけど

 

 

お二人は3泊4日なんだって

 

 

 

こっちの方がそれぞれのテン場でゆっくりできるから

 

 

 

 

なるほど!

 

 

それはいいね( ´∀`)

 

 

下界は暑いから

 

 

お盆は山の涼しいところでゆっくり過ごすそう

 

 

 

それいいね!

 

 

自分も将来年取ったら

 

 

奥さんとそういう時間をすごしたいなぁ〜( ´∀`)

 

 

んで

 

 

 

ここにきて

 

 

 

大天井岳のピークハントは

 

 

 

大天荘からいけるそうな・・・。

 

 

 

しかも片道10分くらいとか

 

 

 

いってきまぁ〜っす

 

 

 

 

やっぱ

 

 

山頂はどこも格別だね

 

 

やっぱいいよ山頂

 

 

ちょっと辛くても

 

 

山頂は目指すべきだね( ´∀`)

 

 

大天井岳の山頂も大パノラマでよかったっす

 

【大天井岳】
日本二百名山の一つ
常念山脈の最高峰!2922m
縦走しないと来れないヤマ!
なかなか良かったっす(笑

 

 

山頂から降りて来て

 

そろそろいくかと思っている時

 

 

 

あ、ライチョウいる!

と少年の声

 

 

 

でたぁ〜!

 

 

と急いでおっも〜いレンズのついたカメラを取り出して

 

 

いざ現場へ!

 

 

 

いましたいました

 

 

ライチョウの親子♫

 

 

 

めちゃ可愛い♡

 

 

仙丈ヶ岳でみたひなよりは大きいね

 

こっちの方がライチョウってわかるね

 

 

 

 

警戒心0ですね

 

 

徐々に寄って来てくれて夢中でシャッターを切る

 

 

 

お母さんかな?

 

 

ヒナたちがわかるようにかな?

 

 

一定のリズムで声を出してるね

 

そして時折

 

 

高いところに立って見回してるね

 

 

ヒナたちも

 

 

離れすぎると

 

鳴き声だして

 

 

慌てる姿がまた可愛い❤️(笑

 

 

 

十分撮影したら

 

 

 

いざ常念小屋へ!

 

 

記事が長くなってきたなぁ〜

 

 

3時間のルート

 

 

 

アップダウンを繰り返して頑張る

 

 

 

 

結構きつい

 

 

景色はガスることもあるけど

 

 

時折ガスが取れると絶景

 

 

日が差すとめっちゃ暑い!笑

 

 

 

大天荘から出発して500m以内に

 

 

再びライチョウ出現!

 

 

ここでも夢中でシャッターを切る

 

 

縦走ルートはどこも綺麗だね〜

 

 

3時頃から雨予報だったけど

 

 

降られず

 

 

常念小屋に無事到着!

 

【常念小屋】
常念岳の麓にある山小屋
大正8年からやってる由緒正しき山小屋らしい
テン場もなかなか広くっていい感じ♫
目下には安曇野の街を見ることができます
<参考HP>
公式HP

 


 

 

結構ヘトヘトやで〜

 

 

テン泊の手続きをして

 

 

テント設営!

 

 

昨日いた50人団体さん

 

見事に同じルートということで

 

 

本日もご一緒(笑

 

 

 

そしてまさかまさか

 

 

燕岳で引き返したという高校生の団体さん

 

 

常念岳にきてた!

 

 

たまたま隣にテントを立てようと思って

 

 

声かけたら

 

 

高校生集団の先生だった!

 

 

 

燕岳引き返して

 

 

一ノ沢まで移動して常念小屋まで来たそう

 

 

 

なんというバイタリティ!!

 

感心してしまいました〜

 

 

 

そしてこの先生

 

 

 

隣でテント設営してたから

 

 

 

高校生たちのやりとり聞いてたけど

 

 

めっちゃ生徒に慕われてるやん✨

 

 

 

いい先生なんやなぁ〜きっと♫

 

 

 

またちょっとさみしくなりますが

 

 

 

晩御飯に!

 

 

お待ちかねのビールを飲むため

 

 

山荘付近のテーブルへ

 

 

 

男性2名が座っているお隣へお邪魔する

 

 

 

 

仲良くなった(笑

 

 

日本酒にウィスキーに

 

 

 

ロックアイスまで担いできたんだって!

 

 

 

仲の良い会社の同期さんらしく

 

 

年に一回山で酒を飲む会を開催してるとな

 

 

 

それ、いいね!

 

 

 

こんど誰かとやろう(笑

 

 

 

おつまみもご馳走になって

 

 

 

お酒までご馳走に(≧∀≦)

 

 

ありがとうございます♫

 

 

今は千葉に住んでて

 

 

ヤマトで働いているとのこと

 

 

自分が臨床心理士やってるって言ったら

 

 

うつ病の話で盛り上がる(笑

 

 

途中、よくわからないおじいちゃんも参戦

 

 

 

おかげさまで賑やかな夕食

 

 

たくさんいただいて

 

 

大満足!

 

 

 

と思ったら

 

 

雷が鳴り始めたのでお開きに(^。^)

 

 

めっちゃいい刻をありがとう!

 

 

 

雷雲がすごかったので

 

 

雨降るまで雷撮影できるかなぁ〜

 

 

と思って頑張ったけど

 

 

 

 

撮影中は

 

稲光は光らず

 

 

断念orz

 

 

その後は見事な雷雨!

 

 

今日ほんとは

 

 

ペルセウス座流星群の日なんだけどなぁ

 

 

残念に思いつつ

 

ピークは3時ということで

 

 

深夜に期待。。。

 

 

1時

 

目が覚めて外を見ると

 

 

きたぁ〜

 

 

めっちゃ晴れてるやん

 

 

急いで支度して撮影!

 

 

と思ったら

 

 

やはり一瞬だった・・・

 

 

 

でも

 

 

その一瞬でも流れ星みれた!

 

 

撮影はできなかったけどね

 

 

3時頃は雨降っててダメ

 

 

 

朝日は

 

 

寝坊して見過ごした(笑

 

 

 

ということで

 

 

明日?は

 

常念岳ピークハントして

 

 

下山やぁ〜(´∀`)

 

 

↓ポチっとクリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

 

 

<information>

ヤマレコ記録

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA